社員インタビュー

新しいことに果敢に挑戦し、
電機事業部を成長させたい。

製造課

樋田達夫

樋田達夫

入社の決め手は経営陣の人柄



前職では電機関係の仕事を経てサービス業をしていました。サービス業で培った対人コミュニケーションを活かして、もう一度電機の仕事に挑戦したいと転職を考えていたときに、三進製作所の電機事業部の立ち上げを知りました。社長と事業部長と話すなかで、電機設備製造の経験を買われ「先頭に立って一緒に頑張らないか」と誘われて入社。技術や知識だけでなく、私自身の内面や人間性を見てくれていると感じたこと、何よりも三進を引っ張る2人の人間性に惚れ込んだことが入社の決め手でした。
現在は、立ち上げたばかりで自社工場が整備中のため、お客様先の工場で盤の組立・配線・検査について、実際に仕事をしながら勉強しています。さまざまな種類の盤がある中でも配電盤の生産に携わり、未経験の部下2人に教えながら仕事に取り組んでいます。





立ち上げ直後で大変な分、やりがいを感じる日々

毎日新しいことに取り組むため、とても刺激的な日々を送っています。しかし、新しいことに挑戦する上で、大変な部分も少なくありません。例えば、立ち上げ間もないため、生産に取り掛かる前に部材を集める購買作業からはじめる必要があります。現在、購買専属担当がいないため、幅広い職種を兼務しなければいけない苦労もありますが、とても勉強になり日々成長できているという実感があります。
また、組立作業においては、品質に気を付けています。万が一、組立段階で部品の取り間違えや、配線段階で電線の入れ間違えがあると容量に負荷がかかり、部品自体の破損を招いてしまうため、必ず検査段階までに発見しています。また、品質と一口にいっても機能面だけでなく見た目も重要視しています。配線や塗装といった外観までこだわることで、仕上がりの綺麗さはもちろんのこと、部品への負荷を最小限に抑制することができます。他社との差別化を図るためにも、また顧客満足度を高めるためにも、内側の機能面から外側の仕上がりまで、全工程の品質にこだわりを持って仕事をしています。






働きやすい職場環境をさらに良くしていきたい



当社はフレンドリーでコミュニケーションが取りやすく、働きやすい職場環境です。私自身も部下に対して、今日の仕事はどうだったか、困っていることはないかなど毎日声かけをするようにしています。何か困ったことがあっても相談しやすく、助け合える環境作りに、私も貢献していけるように心がけています。
また、今後はさらに働きやすい環境にするために、電機事業部の体制強化に取り組んでいきたいです。今は立ち上げ間もないため、営業や購買などさまざまな業務を担っています。仕事の効率向上や、一人ひとりの負担を減らすために、事業部の体制を強化させてより働きやすくしていくことが目標です。そしてこの目標を実現させるためにも、電機事業部が少しでも成長していけるように、積極的に働きかけていきたいです。

一日の流れ

  • 08:30

    出勤・朝礼・ラジオ体操

  • 09:00

    始業

    作業スケジュールの作成、組み付け(重い部品から組み付けをしていく)

  • 12:00

    昼休憩

  • 13:00

    お客様からの配線の指示を部下に伝える。
    部下にアドバイスをする。

  • 17:30

    上長に報告、退社